ji4pe.tokyo

PE Expert D course

Japanese Institute for Public Engagement

PE Expert D course プロセス

PCB Member List2020

SMDプログラム評価委員会構成
PCB (PharmaTrain Certification Board) Member List

D
国内評価委員会(五十音順)

nPCB: national PharmaTrain Certification Board

氏名 役割 現職 タイトル 主な経歴 専門分野
今村 恭子 委員長 東京大学大学院薬学系研究科
ITヘルスケア社会連携講座 特任教授
医師 医学博士
理学博士
(Univ of London)
ファイザー(株) メディカル部門 メディカルアフェアーズ統括部長
ヤンセンファーマ(株) 医薬安全・薬事統括本部長
ヤンセンファーマ(株) 事業開発部
チーフサイエンティフィックオフィサー
医療法人社団寿量会熊本機能病院 整形外科
製薬医学、臨床開発、
メディカルアフェアーズ
筒泉 直樹 副委員長 (一社)ACRP-Japan 代表理事
Association of Clinical Research Professionals (ACRP) Academy Board of Trustees
Associate of Clinical Research Professionals (ACRP)日本支部代表
東京大学大学院薬学系研究科
ITヘルスケア社会連携講座 特任研究員
農学修士 バイエル薬品(株)
クリニカル・オペレーション アソシエイトマネジャー
アストラゼネカ(株)
Quality Assurance Asia Pac アソシエイトディレクター
臨床開発、臨床監査
小居 秀紀 委員 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
トランスレーショナル・メディカルセンター 情報管理・解析部長
薬剤師、臨床検査技師(薬学士) 塩野義製薬株式会社 臨床開発部 次長
(CROマネジメントオフィス部門長、 感染症部門長、
臨床開発Ⅳ部門長[品質管理/CROマネジメント] )
特定非営利活動法人大阪共同治験ネットワーク 事務局長
東北大学病院臨床研究推進センター 特任准教授
(公財)神戸医療産業都市推進機構 医療イノベーション推進センター プロジェクトマネジメント部長・モニタリング部長
製薬医学、臨床開発
松山 琴音 委員 学校法人日本医科大学研究統括センター副センター長
日本医科大学医療管理学特任教授
国立研究開発法人理化学研究所 科学技術ハブ推進本部
創薬・医療技術基盤プログラム 創薬支援室臨床開発プロジェクトコーディネーター
薬剤師 京都府立医科大学学内講師(研究開発・質管理向上統合センター)
(公財)先端医療振興財団TRI専門職/薬剤管理室管理薬剤師
製薬医学、臨床薬理学、
プロジェクトマネジメント
D
国際評価委員会(アルファベット順)

gPCB: global PharmaTrain Certification Board)

Name Role Affiliation IFAPP/PharmaTrain Title
Criscuolo, Domenico Vice-Chair Società di Scienze Farmacologiche Applicate - SsFa Italian member association of IFAPP Past President and Honorary Member
Donaldson, Kirsteen Member Faculty of Pharmaceutical Medicine, UK Executive Board, PharmaTrain Federation asbl Consultant
Filho, João Massud Member Trials Consulting Brazilian member association of IFAPP Senior consultant on drug development
Post-graduation course on pharmaceutical medicine- IEP SÍRIO-LIBANÊS Professor/Coordinator
Fuccella, Luciano Member Società di Scienze Farmacologiche Applicate - SsFa Italian member association of IFAPP Past President and Honorary Member
Imamura, Kyoko Member Office PM, Japan Japanese member association of IFAPP; President-Elect, IFAPP President
Japanese Association of Pharmaceutical Medicine - JAPhMed Councilor
Klech, Heinrich Member Vienna School of Clinical Research, Public Health and Medical Education Treasurer, Pharmatrain Federation asbl Managing Director
Klingmann, Ingrid Member Pharmaplex bvba President, PharmaTrain Federation asbl Dr.
Silva, Honorio Member Rutgers University School of Health Related Professions, Newark, NJ, USA President, IFAPP Adjunct Professor
Stonier, Peter Executive Chair Inst.Pharmaceutical Sciences, King's College London Executive Board, PharmaTrain Federation asbl; Board of Officers IFAPP Professor
Rosenkranz, Bernd Member Division of Clinical Pharmacology, Stellenbosch University, South Africa Executive Board, PharmaTrain Federation asbl Professor emeritus
Fundisa African Academy of Medicines Development, Cape Town, South Africa President


プログラムガイド[pdf]はこちら

PE Expert D course MENU a la carte

Process プロセス

PCB Member List2020
プログラムガイド

 

Read more
Requirement 要件

参加者の要件
メンターへのご案内
メンターの要件
職場の要件

Read more
Download 書式

教育証明書
メンター申込書
参加者登録書式ほか
 

Read more
Senior advice 先輩の声

インタビュー
CRP誌連載記事
 

Read more
FAQ よくある質問

SMD Q&A
よくある質問

Read more

Information for all courses

PE Expert ALL courses 各コース共通

スカラーシップのご案内

患者・市民の医薬品開発や情報発信への参画を推進するために、当法人ではスカラーシップとしての寄付があった年度に、選考のうえで一定の要件を満たす患者・市民に対して参加費を免除することがあります。
まず、学習コースへの選考要件を掲載したコース共通説明書がありますので、ご一読ください。
スカラーシップの受給を希望される方でコース共通説明書に同意される場合は、参加選考申請書にご回答ください。
選考結果は本人に直接通知します。
詳しくは事務局にご相談ください。


学習コース参加者選考申請書兼同意書


A
A course

患者・市民のための人材育成コース(イントロコース)
[2020年10月開講中]

Read more
B
B course

組織リーダー育成コース
主に患者・市民向
[2021年10月開講予定]

Read more
C
C course

開発基礎知識コース
業界・アカデミア、その他向
[2020年10月開講中]

Read more
D
D course

開発専門家コース(SMD認定)
業界・アカデミア向
[2020年10月開講中]

Read more
オンラインコースのよくある質問
PEエキスパート : FAQ
Question Answer
Q1 平日の夜にオンライン開催とありますが、仕事で受講できなかった回の録画にアクセスできますか? A1 毎回録画しますので、開催年度内であれば録画にアクセスできます。
Q2 多くの講義がありますが、何割ぐらい出席できればよいのでしょうか? A2 出席率ではなく、毎回出題されるミニ・テストやコース終了時に行われる試験(Cコースではモジュール終了時も)で評価しますので、受講予定のすべての講義(録画の利用を含む)を受講して試験等に対応してください。
Q3 6つのモジュールを全て受講する必要があるのでしょうか? A3 モジュール単位での受講も可能ですので、ご自身にとって必要と思われるものを選択して受講することもできます。ただし、体系的な学習の履修証明としての修了証書は6モジュール全てを選択された方に限定しています。
Q4 受講者が欠席の場合、代理参加者が受講することは可能でしょうか? A4 データセキュリティ等の観点から受講者本人以外の参加は認められません。欠席された講義については、録画を利用して受講してください。
Q5 学習コースを中断した場合、コース参加費は返金されますか? A5 一度ご入金いただいた参加費は返金できません。
Q6 スカラーシップの受給をうけて学習コースに参加し、コースを中断した場合、どうなりますか? A6 受給されたスカラーシップは、全額返納いただきます。
Q7 講義に遅刻や早退した場合の対応について教えてください。 A7 オンライン録画で内容を学習し、テストにも対応してください。
Q8 学習コースの受講にあたり、必要な準備はありますか? A8 講義はWeb会議形式(Bコースではe-learningも)で行われるため、コンピューター等の端末およびインターネット環境が必要です。
Q9 講義では、どのようなオンライン会議システムが使われますか? A9 Zoom Meetingを使用します。