ji4pe.tokyo

PE Expert D course

Japanese Institute for Public Engagement

PE Expert D course 文献集

C,Dコース関連文献集

D
Bibliography

出版年 題名 著者 書誌事項 URL
2016 Fostering Competence in Medicines Development: The IFAPP Perspective Dominique J. Dubois, Anna Jurczynska, Sandor Kerpel-Fronius, Gustavo Kesselring, Kyoko Imamura, Gerfried Nell, Honorio Silva and Peter Stonier Front. Pharmacol. doi:10.3389/fphar.2016.00377 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2016.00377/full
2017 Pharmaceutical Medicine as a Discipline and Profession 臨床医薬 33巻 10号 http://mol.medicalonline.jp/archive/search?jo=an9cltmd&ye=2017&vo=33&nu=10
2017 Professional certification and specialization : SMD program Kyoko Imamura 臨床医薬 33(10): 782 -784 2017
2017 医薬品開発のグローバルスペシャリスト認定「SMDプログラム」コンピテンシー評価基準項目に関する国際アンケート調査 - 日本における調査結果 向井陽美, 津田達志, 今村恭子 臨床医薬 33(12): 953 -962 2017
2018 The Shared Ethical Responsibility of Medically and Non-medically Qualified Experts in Human Drug Development Teams Sandor Kerpel-Fronius , Sander Becker , Jane Barrett, Johan Brun, Roberto Carlesi , Anthony Chan , Luis F. Collia, Dominique J. Dubois , Peter Kleist, Greg Koski, Chieko Kurihara , Luis F. Laranjeira , Johanna Schenk and Honorio Silva Front. Pharmacol. doi: 10.3389/fphar.2018.00843 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2018.00843/full
2018 Joint Task Force for Clinical Trial Competency and Clinical Research Professional Workforce Development Stephen A. Sonstein and Carolynn T. Jones Front. Pharmacol. doi: 10.3389/fphar.2018.01148 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2018.01148/full
2019 Evolution to a Competency-Based Training Curriculum for Pharmaceutical Medicine Physicians in Switzerland Gabriel Schnetzler, Markus F. Bremgartner, Regina Grossmann Straessle, David Spirk, Fabian Tay, Rahel Troxler Saxer and Martin Traber Front. Pharmacol. doi:10.3389/fphar.2019.00164 https://www.frontiersin.org/research-topics/7466/grand-challenges-in-pharmaceutical-medicine-competencies-and-ethics-in-medicines-development#articles
2019 International Perception of Competence, Education, and Training Needs Among Biomedical Professionals Involved in Medicines Development Kyoko Imamura, Domenico Criscuolo, Anna Jurczynska, Gustavo Kesselring, Peter Stonier, Tatsushi Tsuda and Honorio Silva Front. Pharmacol. doi:10.3389/fphar.2019.00188 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2019.00188/full?utm_source=F-NTF&utm_medium=EMLX&utm_campaign=PRD_FEOPS_20170000_ARTICLE#h1
2019 The Creation of a Competent Global Regulatory Workforce William Bridges Front. Pharmacol. doi: 10.3389/fphar.2019.00181 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2019.00181/full
2019 Curriculum Transformation: From Didactic to Competency-Based Programs in Pharmaceutical Medicine Orin Chisholm Front. Pharmacol. doi: 10.3389/fphar.2019.00278 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2019.00278/full
2019 The Specialist in Medicines Development (SMD) as a Vocational Program in Pharmaceutical Medicine: The Japanese and Italian Experience Domenico Criscuolo, Kyoko Imamura and Ingrid Klingmann Front. Pharmacol. doi:10.3389/fphar.2020.00062 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2020.00062/full
2019 Evolution of the Development of Core Competencies in Pharmaceutical Medicine and Their Potential Use in Education and Training Peter D. Stonier , Honorio Silva , Alan Boyd , Domenico Criscuolo , Felicity J. Gabbay, Kyoko Imamura , Gustavo Kesselring , Sandor Kerpel-Fronius , Heinrich Klech and Ingrid Klingmann Front. Pharmacol. doi: 10.3389/fphar.2020.00282 https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2020.00282/full

PE Expert D course MENU a la carte

Process プロセス

PCB Member List2020
プログラムガイド

 

Read more
Requirement 要件

参加者の要件
メンターへのご案内
メンターの要件
職場の要件

Read more
Download 書式

教育証明書
メンター申込書
参加者登録書式ほか
 

Read more
Senior advice 先輩の声

インタビュー
CRP誌連載記事
 

Read more
FAQ よくある質問

SMD Q&A
よくある質問

Read more

Information for all courses

PE Expert ALL courses 各コース共通

スカラーシップのご案内

患者・市民の医薬品開発や情報発信への参画を推進するために、当法人ではスカラーシップとしての寄付があった年度に、選考のうえで一定の要件を満たす患者・市民に対して参加費を免除することがあります。
まず、学習コースへの選考要件を掲載したコース共通説明書がありますので、ご一読ください。
スカラーシップの受給を希望される方でコース共通説明書に同意される場合は、参加選考申請書にご回答ください。
選考結果は本人に直接通知します。
詳しくは事務局にご相談ください。


学習コース参加者選考申請書兼同意書


A
A course

患者・市民のための人材育成コース(イントロコース)
[2020年10月開講中]

Read more
B
B course

組織リーダー育成コース
主に患者・市民向
[2021年10月開講予定]

Read more
C
C course

開発基礎知識コース
業界・アカデミア、その他向
[2020年10月開講中]

Read more
D
D course

開発専門家コース(SMD認定)
業界・アカデミア向
[2020年10月開講中]

Read more
オンラインコースのよくある質問
PEエキスパート : FAQ
Question Answer
Q1 平日の夜にオンライン開催とありますが、仕事で受講できなかった回の録画にアクセスできますか? A1 毎回録画しますので、開催年度内であれば録画にアクセスできます。
Q2 多くの講義がありますが、何割ぐらい出席できればよいのでしょうか? A2 出席率ではなく、毎回出題されるミニ・テストやコース終了時に行われる試験(Cコースではモジュール終了時も)で評価しますので、受講予定のすべての講義(録画の利用を含む)を受講して試験等に対応してください。
Q3 6つのモジュールを全て受講する必要があるのでしょうか? A3 モジュール単位での受講も可能ですので、ご自身にとって必要と思われるものを選択して受講することもできます。ただし、体系的な学習の履修証明としての修了証書は6モジュール全てを選択された方に限定しています。
Q4 受講者が欠席の場合、代理参加者が受講することは可能でしょうか? A4 データセキュリティ等の観点から受講者本人以外の参加は認められません。欠席された講義については、録画を利用して受講してください。
Q5 学習コースを中断した場合、コース参加費は返金されますか? A5 一度ご入金いただいた参加費は返金できません。
Q6 スカラーシップの受給をうけて学習コースに参加し、コースを中断した場合、どうなりますか? A6 受給されたスカラーシップは、全額返納いただきます。
Q7 講義に遅刻や早退した場合の対応について教えてください。 A7 オンライン録画で内容を学習し、テストにも対応してください。
Q8 学習コースの受講にあたり、必要な準備はありますか? A8 講義はWeb会議形式(Bコースではe-learningも)で行われるため、コンピューター等の端末およびインターネット環境が必要です。
Q9 講義では、どのようなオンライン会議システムが使われますか? A9 Zoom Meetingを使用します。