ji4pe.tokyo

PE Expert A course

Japanese Institute for Public Engagement

PE Expert A course 目的と達成目標

医療や医薬品の開発に関するアドボカシーに必要な能力開発にあたり、知っておくべき基礎知識や各種の規制について学び、今後の更なる学習の基礎作りとなることを目指します。特に、

医薬品の開発全般と市販後の処方に関する様々な基礎知識
医療や治験の現場で考えておくべき倫理的な側面に関する考え方
規制当局や業界などの関係領域で適用されている各種の規制や規範についての基礎知識について重点的に学びます。

このコースが終了するまでに、参加者が自身の基礎知識に対して自信を持てるようになり、更なる学習のための機会や各種情報へのアクセスについて探索できるようになることで、アドボケートとしてステップアップできることを目標とします。




学習コース参加申請書はこちら




A-course VOICE
会員のみなさんの声


Aコース会員の皆さんの声を集めてみました。様々な環境から参加されている会員の興味深いコメントがたくさんあります。ぜひご一読ください。

Read more

WATCH Graphic Record
第3期グラフィックレコードをご覧ください。

Aコース第3期 [2021年7月3日-7月24日]
当サイト内のテキスト・画像の無断転載はご遠慮ください。無許可の転載、複製、転用等は法律により罰せられます。


WATCH VIDEO
患者・市民からのひとことメッセージ動画もご覧ください。

Aコース第2期 [2021年3月6日-4月3日]
Aコース第1期 [2020年10月24日-12月12日]


A-course 修了者

2020年10-12月、2021年3-4月に開催されたAコース第1期、2期の修了者は以下のとおりです。今後のご活躍を祈念いたしております。

修了者 All List
A
A course Schedule
Aコース:2021年 第3期 *開催終了 [第4期は2022年上半期開催予定]
# 講義内容 講師 日程 時間帯
1a 医薬品の開発講義(Part - 1):創薬から申請まで 吉田真奈美 2021年7月3日 14:00 - 15:30
1b グループワークによる事例検討と発表 吉田真奈美、雪吉歌小里 15:30 - 17:00
2a 医薬品の開発講義(Part - 2):申請から承認・処方まで 佐藤 玲子 2021年7月10日 14:00 - 15:30
2b グループワークによる事例検討と発表 佐藤 玲子、長坂 律子 15:30 - 17:00
3a 治験・臨床研究と倫理の実際 栗原千絵子 2021年7月17日 14:00 - 15:30
3b 一般市民(Public)の立場で考える医療 佐伯 晴子 15:30 - 17:00
4a くすりの価値を高める 長坂 律子 2021年7月24日 14:00 - 15:30
4b 企業とのコミュニケーション・COIについて 喜島智香子 15:30 - 17:00

Aコース講師プロファイル [2021.6.25update]

Information for all courses

PE Expert ALL courses 各コース共通

スカラーシップのご案内

患者・市民の医薬品開発や情報発信への参画を推進するために、当法人ではスカラーシップとしての寄付があった年度に、選考のうえで一定の要件を満たす患者・市民に対して参加費を免除することがあります。
まず、学習コースへの選考要件を掲載したコース共通説明書がありますので、ご一読ください。
スカラーシップの受給を希望される方は、事務局にご相談ください。
選考結果は本人に直接通知します。



A
A course

患者・市民のための人材育成コース(イントロコース)
[2020年10月開講中]

Read more
B
B course

組織リーダー育成コース
主に患者・市民向
[2021年10月開講予定]

coming soon...
C
C course

開発基礎知識コース
業界・アカデミア、その他向
[2020年10月開講中]

Read more
D
D course

開発専門家コース(SMD認定)
業界・アカデミア向
[2020年10月開講中]

Read more
オンラインコースのよくある質問
PEエキスパート : FAQ
Question Answer
Q1 平日の夜にオンライン開催とありますが、仕事で受講できなかった回の録画にアクセスできますか? A1 毎回録画しますので、開催年度内であれば録画にアクセスできます。
Q2 多くの講義がありますが、何割ぐらい出席できればよいのでしょうか? A2 出席率ではなく、毎回出題されるミニ・テストやコース終了時に行われる試験(Cコースではモジュール終了時も)で評価しますので、受講予定のすべての講義(録画の利用を含む)を受講して試験等に対応してください。
Q3 6つのモジュールを全て受講する必要があるのでしょうか? A3 モジュール単位での受講も可能ですので、ご自身にとって必要と思われるものを選択して受講することもできます。ただし、体系的な学習の履修証明としての修了証書は6モジュール全てを選択された方に限定しています。
Q4 受講者が欠席の場合、代理参加者が受講することは可能でしょうか? A4 データセキュリティ等の観点から受講者本人以外の参加は認められません。欠席された講義については、録画を利用して受講してください。
Q5 学習コースを中断した場合、コース参加費は返金されますか? A5 一度ご入金いただいた参加費は返金できません。
Q6 スカラーシップの受給をうけて学習コースに参加し、コースを中断した場合、どうなりますか? A6 受給されたスカラーシップは、全額返納いただきます。
Q7 講義に遅刻や早退した場合の対応について教えてください。 A7 オンライン録画で内容を学習し、テストにも対応してください。
Q8 学習コースの受講にあたり、必要な準備はありますか? A8 講義はWeb会議形式(Bコースではe-learningも)で行われるため、コンピューター等の端末およびインターネット環境が必要です。
Q9 講義では、どのようなオンライン会議システムが使われますか? A9 Zoom Meetingを使用します。