ji4pe.tokyo

PE Expert 4 Categories

Japanese Institute for Public Engagement

体系的な人材育成 PEエキスパート学習コース

4 Categories
Categories 患者・市民向け 業界・アカデミア向け
A 患者・市民のための人材育成コース(イントロコース) ★★
B 組織リーダー育成コース ★★
C 開発基礎知識コース ★★
D 開発専門家コース(SMD認定) ★★


各コースに共通の特徴
A

A.患者・市民のための人材育成コース(イントロコース):主に患者・市民向 (2020年10月開講)
  • 目 的:創薬から処方までの過程を理解し、ユーザーの視点から行動するために必要な知識を学ぶ
  • 対 象:主に患者・市民として活動を行う個人と団体、または学習を希望する人
  • 人 数:10人程度(最大20人まで)
  • 日 時:2020年10月開講中、年間に複数回開催
  • 回 数:90分×2講義(=1単位) × 原則として4週連続開催
  • 参加費:90分×2講義(=1単位) あたり5,500円 *4単位で22,000円
スカラーシップについてのご案内はこちら
内 容 開催日時(第1回) 開催日時(第2回) 開催日時(第3回)
1a 医薬品の開発講義(Part-1):創薬から申請まで 第1回
開催日時
確定次第、webで通知予定
1b グループワークによる事例検討と発表
2a 医薬品の開発講義(Part-2):申請から承認・処方まで
2b グループワークによる事例検討と発表
3a 治験・臨床研究と倫理の実際
3b 企業とのコミュニケーション・COIについて
4a Q & A
4b まとめ(振り返りと今後の計画)

Aコースの詳細はこちら

[2021年1月9日] WATCH VIDEO
患者・市民からの一言メッセージ動画

昨年12月に終了した第1回Aコースに参加したみなさんの声をビデオにしました。これまで製薬企業任せだった医薬品開発に患者と市民が参入すると...

B
B.組織リーダー育成コース:主に患者・市民向 (2021年10月開講予定)
  • 目 的:組織活動を担う人材のリーダーシップを育成する
  • 対 象:Aコース(イントロコース)の修了者、または所属組織からの受講推薦を受けた方
  • 人 数:10人程度(最大20人まで)
  • 日 時:2021年10月~2021年11月までの8週間、毎週土曜日、午後2時開始・5時終了
  • 回 数:90分x2講義(1単位)/週x原則として8週連続開催
  • 参加費:90分x2講義あたり11,000円(税込)、*8単位で77,000円(税込)
  • 受 付:2021年3月1日開始
Bコースの詳細はこちら



C・Dコースの特徴
C
C.開発基礎知識コース:業界・アカデミア、その他向
  第2期 2021年10月-2022年9月開講予定分の概要
  • 目 的:創薬から市販後までの全過程を理解し、開発者の視点から行動するために必要な知識の学習
        ・患者や市民の視点でのLearning outcomesを共有し、患者中心の医薬品開発に貢献する人材を育成
  • 対 象:医薬品開発と使用に関心のある方 ※業種・資格・経験は不問
  • 人 数:20人程度(最大40人まで)
  • 日 時:2021年10月-2022年9月  オンライン学習スタイルでは平日夜間に受講
  • 回 数:90分×16講義(=1モジュール) × 6モジュールの通年連続開催 1講義=90分、全講義=8,640分(144時間)
  • 講 義:PharmaTrain/IFAPPの製薬医学教育標準シラバスに準拠
  • 講 師:業界・アカデミアの開発経験者
  • 選 択: 自分に合った学習スタイルを選択
     A/オンライン学習スタイル
     ・Zoomでのライブ講義に参加
     ・随時、手上げやチャットで質問でき、グループディスカッションにも参加できる
     ・講義資料や録音録画アーカイブで何度でも復習できる
     ・聞きたいモジュールだけの選択も可能
     ・テストの受験結果により修了証書が発行される
     B/アーカイブ学習スタイル
     ・録音録画されたアーカイブファイル(DVD配布またはサブスクリプション方式を予定)を自己学習する
     ・受験することができ、良好な成績であれば修了証書の発行対象となる(オプション)

      どちらのスタイルでも国際教育シラバスに準拠した豊富な講義にアクセスできます *創薬から処方まで6モジュールで構成
  • 参加費:A/オンライン学習スタイル 88,000円(税込)*1
        B/アーカイブ学習スタイル 55,000円(税込)*2
        *1:モジュール単位の受講では希望するモジュール数の参加費(11,000円/モジュール)に受講手数料(11,000円)の合計
        *2:学習スタイルBでオプション(受験)を選択する場合、11,000円(税込)が別途必要
        ・(一社)医療開発基盤研究所の法人賛助社員の所属社員には参加費から10% OFF があります
        ・患者・市民としての団体活動を代表する(または設立する)方にはスカラーシップが適用されることがあります
  • 申 込:2021年3月1日受付開始
        ・第1期受付期間中(2021年7月末までの申込)はオンライン学習のみで、既に講義が終了したモジュールはアーカイブ学習となり、参加費は55,000円(税込)
  • 手数料:参加費の他に、受講単位数に関わらず受講者1名につき11,000円(受講管理、テスト実施、修了証書発行料等を含む)を申し受けます
  • 目 的:創薬から市販後までの全過程を理解し、開発者の視点から行動するために必要な知識の学習
        ・患者や市民の視点でのLearning outcomesを共有し、患者中心の医薬品開発に貢献する人材を育成
  • 対 象:主に業界やアカデミアで研究開発に関わる人、または学習を希望する人
  • 人 数:20人程度(最大40人まで)
  • 日 時:2020年10月開講中。講義時間は、原則として18:30-20:00。12ヶ月で6モジュール(2ヶ月/1モジュール)の講義を実施
  • 回 数:90分×16講義(=1モジュール) × 6モジュールの通年連続開催、1単位からでも受講可能
  • 講 義:PharmaTrain/IFAPPの製薬医学教育標準シラバスに準拠
  • 講 師:業界・アカデミアの開発経験者
  • 参加費:全講義(=6モジュール) あたり55,000円 1モジュールのみの受講は11,000円
        ・(一社)医療開発基盤研究所の法人賛助社員の所属社員には参加費から10% OFF があります
        ・患者・市民としての団体活動を代表する(または設立する)方にはスカラーシップが適用されることがあります
  • 手数料:参加費の他に、受講単位数に関わらず受講者1名につき11,000円(受講管理、テスト実施、修了証書発行料等を含む)を申し受けます
Cコースの詳細・申し込みはこちら
スカラーシップについてのご案内はこちら
Cコース(開発基礎知識コース)概要
module PharmaTrain シラバスV2.0
1 1 Discovery of Medicines 創薬
2 Development of Medicines: Planning 医薬品開発:計画
2 3 Non-Clinical Testing 非臨床試験
4 Pharmaceutical Developmen 製剤開発
5 Exploratory Development (Molecule to Proof-of-Concept) 探索的開発(分子からPOCまで)
3 6 Confirmatory Development: Strategies 検証的開発:戦略
7 Ethics and Legal Issues 倫理と法的課題
4 8 Clinical Trials 臨床試験
9 Data Management and Statistics データ・マネジメントと統計
5 10 Regulatory Affairs 薬事
11 Drug Safety, Pharmacovigilance and Pharmacoepidemiology 医薬品の安全性、ファーマコビジランス、薬剤疫学
6 12 Information, Promotion and Education 情報、販売促進、教育
13 Economics of Healthcare, Health Economics and Pharmacoeconomics 保健医療の経済学、医療経済学、薬剤経済学

D
D.開発専門家コース(SMD認定):業界・アカデミア向 (2020年10月開講中)
  • 目 的:職場でのコンピテンシー育成と評価
  • 対 象:主に業界やアカデミアで研究開発に関わる人、または学習を希望する人
  • 人 数:20人程度(最大40人まで)
  • 日 時:2020年10月開講中
  • 回 数:定期評価(3ヶ月毎) +年次第三者評価
  • 参加費:33,000円/年間

Dコースの詳細はこちら